<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

customer's photo

T氏は。ネイビーサージでオーセンティックな1型をベースに緩やかにウエストをシェイプし、チェンジポケットをあしらったブレザーにミディアムグレーのパンツのコーディネイトで仕立てました。 襟元は、CaidオリジナルイーブンストライプのレップタイにCaidのコインタイプのタイバー。とても上品です!
f0001613_15511937.jpg

S氏の新作は、ブルーグレーのキッドモヘアを夏らしく程よく、ゆったりとドレープを入れて仕立てました。ケーリーグラント的シニアトラッドです!
f0001613_1552831.jpg

K氏の新作はブルーグレートニックを、コンチネンタルスタイルで仕立てました。アイリッシュリネンのブラックシャツにCaidのイーブンストライプのレップタイ、足元は黒のビットモカシン。 浮世離れしてますね~!
f0001613_15524179.jpg

T氏の新作は、とても深い色合いのミッドナイトブルーキッドモヘアの三つ揃いです。ロールの利いたボタンダウンシャツにCaidのレップタイが古き良き時代のマディソンアヴェニューのビジネスマンを彷彿させてくれます。
f0001613_15531291.jpg


f0001613_15534085.jpg

by tailorcaid | 2012-06-25 15:57

customer's photo

T氏の新作は、コットンキャンバスのネイビーニューポート ブレザーです。
あえて下の釦を一つ掛けにしてリラックスした着こなしがとてもソフトな印象を与えます。
ポロカラーの鹿の子のシャツにアスコットタイ、足元は、グッチのビットローファー。
洒落てます!
f0001613_1554625.jpg

同じくT氏のコットンスーツ、タッタソールのチーフに注目!洒落てます!

f0001613_1561156.jpg

K氏の新作は、ブルーグレーキッドモヘアのスーツです。いつもながら、男らしい1着に仕立てあがりました。
ホリゾンタルカラーのシャツにブルーグレーのケイドオリジナルのシルクニットタイ、足元は、ダークブラウンのスリップオン。キッドモヘアのスーツは、盛夏に持ち味を発揮する生地です。
f0001613_1572277.jpg

N氏の新作は、昔ながらの深い色合いのブルーグレートニックの三つ揃い。スレンダーな身体のラインを最大限に生かすため、細心の注意をはらい仕立てました。着込むほど味わい深い表情になる生地です!
f0001613_158467.jpg

by tailorcaid | 2012-06-18 15:39

cotton suck suit

I氏の新作は、ダクロンコットンポプリンの3釦段返りのサックスーツです。

f0001613_14225171.jpg

全体のテーマは、ケイドが最も得意とする、ミッド50’S~アーリー60’Sのアメリカンゴールデンエイジのサックスーツです。この時代のサックスーツにはモダンで都会的な要素とスマートなバランスの中にアメリカ的なフランクさを兼ね備えてます。飽きのこない洗練されたバランスはもちろん、いつの時代にもマッチする型だと私は確信しています。ある世代の男達は、コットンスーツに対して特別の思いがあると思います。それは、良き時代の働き闘う男達がまるで作業着のようにコットンスーツを着倒してる姿が記憶にあるからです。ツイードのジャケットと同じく、コットンスーツにも経年変化=味わい深い着こなしがあります。
f0001613_1424223.jpg

アメリカントラディショナルスタイル一筋、大ベテランM氏の新作は、ライトベージュ コットンポプリンのサックスーツです。年期の入った力の抜けた着さばきは、さすがはゴールデンエイジ世代です!
f0001613_14264136.jpg

スレンダーでスマートな体型は、アンソニーパーキンスかジェームス・コバーンのようです。
f0001613_14271670.jpg

再び登場のN氏、以前仕立てたオリーブのコットンスリーピースも時間が経っていい感じに馴染んでます。
f0001613_1430477.jpg

古くからのカスタマーS氏、こちらはベージュのコットンツイールで、オーセンティックなI型をコーディネイトでフランス的に纏めてます。S氏のベテランならではの抑えのきいた合わせはとても素敵です!
f0001613_16493713.jpg

by tailorcaid | 2012-06-04 16:58