<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

customer's photo


お馴染みT氏の新作はコットンとリネンをブレンドしたコンチネンタルカットのスーツ。
コントラストが強くなるようにインナーには黒のアイリッシュリネンで仕立てたドレスシャツを
合わせました。テーマは「甘い生活」のマルチェロ・マストロヤンニです。
写真ではわかり難いですが裏地と芯地の調整により軽く涼しく仕上がっています。
f0001613_13185418.jpg










































S氏の新作は大変貴重なビンテージのコットンウールのダークマドラスチェックのサックジャケットです。
この手の生地は1960’s~1970’sに流行した生地です。
夏場にあえてダークな格子のジャケットに黒のニットタイで引き締める。ちょっと昔の夏の粋な装いです。
f0001613_13193496.jpg










































H氏の新作はワインレッドのコードレーンの三つボタン段返りのサックスーツです。
めずらしいワインレッドのコードレーンを小物や靴の色を合わせて上手くドレスダウンしています。
f0001613_13201847.jpg
by tailorcaid | 2010-07-23 18:45

Customer's Photo


今回はお得意様A氏の夏のコーディネイトのご紹介です。
三つボタン段返りブルーコードレーンサックスーツ。インナーにポロシャツを合わせドレスダウン。
この手の合わせはアメトラならでは。
f0001613_16322828.jpg









































オーソドックスなホップサックのネイビーブレザーにアメリカンダクロンのオックスフォードグレーパンツ。
インナーにはボタンダウンシャツにアトキンソンズのポプリンのレジメンタルタイ。
オーソドックスなスタイルが蒸し暑い東京の夏でも精悍にみせます。
もちろん機能面でも優秀でホップサックのブレザーは通気性が大変良く
ダクロンのパンツは湿気に強く皺になりにくいのです。
f0001613_1633950.jpg










































こちらは上の二つのコーディネートをミックス致しました。黒のニットタイを合わせることで
ゴールデンエイジのアメリカンスタイルが現代によみがえり古さを全く感じさせません。
f0001613_1633272.jpg
by tailorcaid | 2010-07-23 17:09